※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

生活家電

Take-One N1PlusとTake-One N1の違いを比較!機能の違いは?

Take-One N1PlusとTake-One N1の違いを比較しました。機能の違いも調査しましたよ♪

N12020年1月発売の旧モデルで、N1Plus2022年3月2日発売の新モデルです。

違いは6つあります。

  • 吸引力
  • 本体のサイズ
  • ダストボックスの容量
  • 静音性
  • パワーブースト
  • 水拭きの水量調整

新モデルのN1Plusはこんな方におすすめ

  • 新製品が好き
  • 吸引力は強いほうが良い
  • ダストボックスは大きい方が良い
  • 水拭きの際に水量を調節したい

旧モデルのN1はこんな方におすすめ

  • 性能よりもコスパが良いのが好き
  • 吸引力はそこまでこだわらない
  • なるべく本体が小さい方が良い

この記事ではN1PlusとN1の違いを比較し、どちらを購入すれば良いか悩んでいる方の為に、より詳しく調査いたしましたのでぜひ参考にしてみてください。

▼2022年最新モデルのN1Plusはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

N1PlusとN1の違いを比較

N1PlusとN1の違いは6つあります。

  • 吸引力
  • 本体のサイズ
  • ダストボックスの容量
  • 静音性
  • パワーブースト
  • 水拭きの水量調整

ひとつずつご紹介していきますね!

吸引力の違い

N1PlusとN1は吸引力に違いがあります。

吸引力はN1に比べてN1 Plusの方が吸引力が強いです。

  • N1は2段階に調節可能で通常モードと強力モード※通常モードが800Pa、強力モードが1300Pa
  • N1 Plusは3段階に調節可能で通常モードと強力モードと静音モード※通常モードが1000Pa、強力モードが2700Pa、静音モードが600Pa

通常モードではそこまで違いはありませんが、強力モードではN1 Plusの方が約2倍の吸引力となっています。

本体のサイズの違い

N1PlusとN1は、サイズや重さが違います。

  • N1は、幅・奥行き300mm、高さ70mm、重量3.6㎏
  • N1 Plusは、幅・奥行き320mm、高さ76mm、重量2.8㎏

小さい方が好みならN1、多少大きくても軽い方が好みならN1Plusがおすすめです。

また材質も変わっていて、N1の材質は、ABS樹脂に対し、N1 PlusはABS樹脂にガラスカバーを重ねて作られているので高級感が増しています。

ダストボックスの容量の違い

N1PlusとN1は、ダストボックスの容量にも違いがあります。

  • N1は、ダストボックス400ml
  • N1 Plusは、ダストボックス680ml

N1 Plusのほうが、ダストボックスだけで見れば大容量となっています。

ですがN1 Plusで水拭きをする場合は、2in1ダストボックスに付け替える事になり、ダストボックスが260ml、水タンク350mlという形になります。

静音性の違い

静音性に関しても違いがあります。

  • N1は標準モードで65㏈
  • N1 Plusは静音モードで使用することで59㏈

N1には静音モードはありません。

ですが、一般的な掃除機の動作音が60~70㏈なので、N1がとびきりうるさいということはありませんが、更に静かに使いたいという方は静音モードが搭載されているN1 Plusがおすすめです。

パワーブースト

N1 Plusにはパワーブーストが新しく搭載されています。

パワーブーストとは、本体がカーペットに乗り上げたことを自動で検知して自動的に吸引力を上げる機能です。

カーペットは隙間にゴミやほこりが溜まりやすいので、自動で吸引力を上げてくれる機能はとても助かりますね♪

▼2022年最新モデルのN1Plusはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

水拭きの水量調整

N1 Plusには、水拭きの際の水量調節が可能です。

こちらもパワーブースト同様、N1 Plusから搭載された新しい機能です。

水量は3段階で調節することができ、「高・中・低」の3段階です。

ひとつ注意点としては、一回の水の量ではなく給水間隔が異なる高・中・低の3段階ということです。

  • 高は、約30秒ごとに給水
  • 中は、約40秒ごとに給水
  • 低は、約60秒ごとに給水

高ければ高いほど給水間隔が狭くなり、必然的に沢山の水を使って掃除をしてくれるということですね。

床の状態や汚れ具合によって調節しながら水拭きできるのはとても便利です。

スポンサーリンク
 

N1PlusとN1どっちがおすすめ?

N1PlusとN1は、どのような方におすすめかをモデルごとにまとめてみましたので、参考にしてみてください。

新モデルのN1Plusがおすすめの方

  • 新製品が好き
  • 吸引力は強いほうが良い
  • ダストボックスは大きい方が良い
  • 水拭きの際に水量を調節したい

同じ価格なのに、色々な機能が搭載されているので、断然新モデルのN1Plusがおすすめです。

▼2022年最新モデルのN1Plusはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

旧モデルのN1がおすすめの方

  • 吸引力はそこまでこだわらない
  • なるべく本体が小さい方が良い
  • 安く買いたい

上記でも説明しましたが、同じくらいの価格でスペックが良くなっているのでN1Plusの方がおすすめです。

ですが、もしかすると在庫処分などで旧モデルのN1が安くなっている可能性もありますので、価格を低く抑えたい方はN1がオススメです。

公式では販売終了となっていますが、どこかの店舗でまだ在庫を抱えている場合は、お安く買えるかもしれませんね♪

Take-One N1Plusの口コミ評価レビュー!をまとめました。詳しくご紹介していますので、ご参考ください。

ロボット掃除機 Take-One N1 Plusの口コミ評価レビュー! 水拭き機能は?BBソフトサービスTake-Oneのロボット掃除機 Take-One N1 Plusの評判レビューや、気になる口コミについてまとめました。 このロボ...

N1PlusとN1の共通点

N1PlusとN1の共通点は3つあります。

  • 吸引と水拭きが出来る
  • アプリを活用して遠隔操作が可能
  • 清掃モードを選ぶことができる

吸引と水拭きが出来る

N1PlusとN1はどちらも、1台で掃除機と水拭きの2つの機能が使えます。

1台で完結するので、掃除機をかけた後に水拭きをする手間が省けてとても便利です。

アプリを活用して遠隔操作が可能

K-DR1とK-DR2はどちらも庫内がフラットなので、サッとふき取るだけで庫内を清潔に保てます。

ターンテーブルが付いていると、テーブルをはずして洗ってなどとお手入れが面倒なので、これは嬉しい仕様ですね♪

清掃モードを選ぶことができる

N1PlusとN1はどちらも3つの清掃モードを選べます。

  • N1は自動清掃モード、エッジモード、スポットモード
  • N1Plusはオートモード、エッジモード、スポットモード

自動清掃モードは、その名のとおり自動でお部屋を検知し弓形のルートでお部屋全体を清掃してくれます。

エッジモードは、壁に沿ってお掃除をしていきます。その際、衝突は避けながら進んでくれます。

スポットモードは、現在位置を中心に円を描くようにお掃除します。特に汚れている場所、掃除したい場所などにおすすめのモードとなっています。

▼2022年最新モデルのN1Plusはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

N1PlusとN1の違いを比較のまとめ

本記事では、N1PlusとN1の違いを比較し、機能面での違いも紹介してきました。

N12020年1月発売の旧モデルで、

N1Plus2022年3月2日発売の新モデルでしたね。

主な違いは以下の6つでした。

  • 吸引力
  • 本体のサイズ
  • ダストボックスの容量
  • 静音性
  • パワーブースト
  • 水拭きの水量調整

旧モデルN1がおすすめなのは

  • 性能よりもコスパが良いのが好き
  • 吸引力はそこまでこだわらない
  • なるべく本体が小さい方が良い

新モデルN1Plusがおすすめなのは、

  • 新製品が好き
  • 吸引力は強いほうが良い
  • ダストボックスは大きい方が良い
  • 水拭きの際に水量を調節したい

ですが同じくらいの価格で、たくさんの機能に違いがありより充実しているN1Plusがオススメとご紹介しました。

現在ロボット掃除機を探している方は、ぜひ参考にしてみてください♪

▼2022年最新モデルのN1Plusはこちらから最安値を選んでご購入いただけます

Take-One N1Plusの口コミ評価レビュー!をまとめました。詳しくご紹介していますので、ご参考ください。

ロボット掃除機 Take-One N1 Plusの口コミ評価レビュー! 水拭き機能は?BBソフトサービスTake-Oneのロボット掃除機 Take-One N1 Plusの評判レビューや、気になる口コミについてまとめました。 このロボ...
スポンサーリンク